So-net無料ブログ作成

本の精霊? [驚いた]

「太古の水」を作った木内鶴彦さんの『生き方は星空が教えてくれる』という本を昨日読んでいたら、
灰色のタピオカみたいな2mmくらいの粒々が5個くらい本の周りを動いていたので、
これは面白いなあと思いました。
この本の内容も面白かったですよ。臨死体験の時に見てきた事、太古の水のこと、太陽光炭素化炉システムのことも書いてありました。
地球の水は、お月さまから来て、お月さまは彗星で、側に来るまでの地球人は地底で生活していたとか。
ノアの方舟のような大洪水はほんとにあって月からの水が降ってきた時のことだとか・・・

私のブログの総閲覧者数が40万人を超えました。
読んでくださってありがとうございます。
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

ペンネーム:横浜の患者さん

森先生 その横浜の患者さんです。
お母様にいろいろお話しましたが、その後お母様が森先生にお伝えいただいたんですね。
私も木内さんのプロジェクトのことになると熱くなりすぎて時間を忘れるくらいしゃべっちゃいます。
今、日本の原発の稼動はは2機のみとなり、政府の発言も安全を確認することなしに先には進まないとの枝野大臣の発言もありました。 木内さんの太陽光(炭素化炉)発電は既に国際特許を取得していて、放射能を撒き散らす危険性はまったくなく、また枯渇燃料を燃やすことで大気を汚すこともなく当然人体に悪い物質を放散するものではありません。 天文家である木内さんであるからこそ考えついた太陽光を使ったすばらしい技術です。 太古の水は将来の小規模な核の拡散を見越し、人体をその放射能から守るために作られました。その名のごとく太古の昔の地球の海の水を再現したものです。 今、数カ国からのお話があり、実証炉での確認が取れれば技術的には間違いなく人類が待ち望んでいた待望の技術です。 原発マネーが地域を潤すといわれてその恩恵で町の人々の暮らしを支えているのも事実です。 私の息子の家庭教師さんもある原発の町からこられていて、やはり町は原発に頼り切っています。 考えるに、たまたま過去に原発という技術があってそれが火力、水力よりも発電力が高かった。 今ではかなりの数の原発が日本国中に作られてしまいました。 太陽光発電施設をこれらの原発に替えて建設していき、その建設、運営、電力会社への電力の供給など今の原発のケースと同じに地域を潤していけば、スムーズに導入していけるのではと考えます。 このまま次の発電技術が見つからないまま時が過ぎさっていっては政府はやはり液化天然ガスを輸入した上での発電など多大な発電料金の負担を低減していく為には原発再開に踏み切ってしまう事でしょう。 人間は忘れる存在ですね。こんなに悲惨なことがあってもいつかはその事実を記憶の外へ追いやってしまい、現実をてしまうようになります。 私はこの技術を今すぐこの現代に今3.11を迎える一年目だからこそ、原発が停止している今だからこそ 声を大にして世の中に訴えたいと思っています。 人生をかけて木内さんの技術を世の中へ導入していく覚悟は出来ています。
是非ご支援いただければ幸いです。 横浜の患者さんより
by ペンネーム:横浜の患者さん (2012-03-09 00:03) 

横浜の患者さん

タピオカの粒々はきっと森先生と木内さんを繋げようと思っている妖精かもしれませんね!

木内さんは地球を以前のような循環型社会に返していき、人々が思いやりをち、お互いに生活面でも
メンタル面でも支えあって過ごしていける社会を目指しています。

森の動物たちは川の恵みから恩恵(栄養)を受けている。その恩恵は何処から運ばれてくるかというと母なる海の底から。。海にも食物連鎖があり最後は上層部を泳ぐ鮭鱒などが豊富な栄養を川まで運んでくる。。。 人間以外の動物はすべて循環型社会に浸かって相互に支えあい生きています。人間も少し前の時代までは同じように生きていました。 それを取り戻していくというのはどうでしょう?
人間らしい生き方を考えていくのもいいのでは。。と思います。
by 横浜の患者さん (2012-03-09 00:37) 

koko

こんばんは。初めまして。
今日、森美智代さんの本をいっきに読ませて頂いて、
こちらのブログを拝見しました!
森さんの深い体験に感銘いたしました。
食べることの意味を考えさせられます。玄米菜食に少し動物性の食事をしていますが、
森さんの「奇跡の食」=未来という感じがします。

ところで…
びっくりしました。私も木内さんの活動にわずかに参加させて
頂いたことがあり、太古の水にもお世話になっていました。
今は事情でなかなか買っていませんが。
「灰色のタピオカみたいな2mmくらいの粒々が5個くらい本の周りを動いていたので、
これは面白いなあと思いました。」というお話に私も心当たりがあり、木内さんのグループに参加している頃、私もよく小さな粒の光が見えました。その仲間の女性も見えるよ!と言っていました。木内さんも本当に純粋で理知的な方です。
アンダーグラウンドグァバメント問題はあるかと思いますが、将来、お金のない社会にしていくことを提案されておられます。奉仕、助け合いの社会にしていくことの必要を強く言っておられます。大賛成!
胃がんの母がおり、また色々参考にさせて頂きたく
また、訪問します。
by koko (2012-03-11 23:35) 

美智代

コメントをたくさんありがとうございます。
木内鶴彦さんはに神様に白羽の矢を立ててられた、
方なので、使命のある限りは活動をされると思いますが、
玄米クリーム食や背腹運動をされたらどうだろうかとつい思ってしまいました。少食にしていいものを摂取すると、その効果が特別に効くのです。
船井幸雄先生にも「太古の水」を試していただいたら、強烈な効果があったと喜ばれていました。花谷先生も、塩見先生も、身体が温かくなったと
おっしゃって、「何これ!」と驚いておられました。
霊感のある方々は、一発で分かるんですね。
今度はニューヨークの小林健先生に差し上げようかと思っています。



by 美智代 (2012-03-12 10:22) 

美智代

今日3月12日の船井幸雄先生のブログで、太古の水を紹介していただきました。
by 美智代 (2012-03-12 14:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。