So-net無料ブログ作成

引き寄せますね [驚いた]

モンゴル旅行に行くので体調を見てもらいにと、久しぶりにおいでになった患者さんが来られて、FBでつながって、私の最近の投稿の名張の家について話題になりました。すると僕も名張に土地があるんだ。えーすごいご近所ですね。って話ていたら、「草ぼうぼうで、ほったらかしにして苦情が来ているんだけど、森さんに貸すわ。」って話になってきました。
背中の人、おなかの人の計画は、ミラクルですね。
色々な人がつながっていって、健康村、断食村になっていくのかしら。

8の意味 [驚いた]

今朝、甲田先生の夢を見て楽しかったです。
昨日も、甲田先生が私の後ろに見えたという患者さんが来られて、そろそろ私にもと思っていたところです。
昨日、フェイスブックで、8は日本ではいい数字で末広がり、で8月8日をハートの日にしようと言っていた方がおられました。そういえば、甲田光雄先生の誕生日は8月1日、命日は8月12日、
塩見哲生先生の誕生日は8月7日、花谷幸比古先生は8月9日、父は8月8日、俣野四郎先生は8月24日、
小林健先生は8月11日でした。
偶然ということはないので、何か意味があるのでしょうね。
日本の国番号が81で、
光という言葉の数霊が
ヒ30
カ6
り45
計81
で日本を連想させますね。光は甲田先生の名前にあるし、少食で世界を救う、日本を救うために生まれてきてくださったのでしょうか。
小林健先生は8月11日で、甲田先生の誕生に似てます。小林健先生が多次元性を持った方とはいえ
甲田先生がよく現れるはずですね。
小林健先生は日本生まれですが、アメリカに住んでおられますが、日本の国番号が81で、アメリカの国番号が1です。面白いですね。生まれもって、アメリカに行くことになっているような感じです。

パラレルワールドの私 [驚いた]

昨日は、パラレルワールドの、多次元の私と石川先生が話したことがわからなくて、
困りました。私の弟子3人が、私の鍼や診察のやり方が、普通の勉強ではわからないので、
超能力とか使っているらしいと感づいていて、それをブレインコピーの石川大雅先生の講演会に行って、聞いてきたのですが、石川先生と3次元のこの世では私はあっていないのですが、石川先生は「日曜日に私と会って、その技術のコピーの方法を私がすでに知っていて、できるから、それをやってもらいなさい。3回くらい」とアドバイスしてくれたそうです。
 それで、私の3人の弟子は、私のところへきて、目をうるうるさせて、「それをやって」とせがむので、3次元の私は、そんなこと知らないし、石川先生とあった記憶もないしなあ。当惑して、掃除機のルンバのスイッチをいじって、みんなの気をそらそうとしたら、「逃避してる」って言われるし、(#^.^#)
仕方がないので、何がおこるかわからないハグをしたら、1人気が通った子がいて、ヤレヤレと思いました。よく患者さんの夢の中に出て行って患者さんの治療をしてくれる私や、光そのものになって霊感のある人の目に見えない世界に出ていく私があるのは、知っているのですが、多分私はアセンション進行形で、途中なので、困ることもあるなあと思います。アドバイスをくれそうな人との出会いもありそうなので、期待もしているのですけど。

鵜殿のヨシ [驚いた]

一昨日、来られた患者さんが、鵜殿のヨシが危ないので署名をお願いします。
と言って署名用紙を持ってきてくれました。
高速道路の予定地みたいです。ここのは、雅楽の楽器である篳篥(ひちりき)の蘆舌(ろぜつ:リードのこと)にとって最適とされています。
しかし、その鵜殿のヨシ原上を通過する、新名神高速道路の八幡〜高槻間の建設凍結が、2012年4月に解除され、着工が決定しました。
鵜殿のヨシ原は、良質のヨシが育つ場所というだけでなく、雅楽にとって古くから密接な関わりがある場所であり、伝統・文化の継承という点から大変だそうです。伊勢神宮とかで演奏している雅楽の篳篥(ひちりき)もここからだそうで、いつかその音色が消えてしまうかもしれないのです。普通のところのヨシよりも太さが違うようです。

本の中で話題に [驚いた]

今日、ファックスで、読んでいた本に私がでていたというお知らせ​がありました。
「人は死ない。では、どうする」矢作直樹・中健次郎著 マキノ出​版 1365円
この本の中で2ページほど・・・私、お二人にあったかなあと覚え​ていないけど、
まるで私に会ったように書いてありました。映画で見たのかな?

日曜日に致知のメルマガで、私の記事が流れたそうです。8月号に掲載されたのです。
無料なので4万6000人くらい読んでるかも・・・・

甲田先生の略歴 [驚いた]

今日は、甲田先生の略歴を探して、何冊も甲田先生の本をペラペラと見ましたが、
なかなかありませんでした。
やっと見つけたのが杉尾敏明先生の書かれた『少食健康法ー甲田療法のエッセンスー』でした。
さすが学者さんです。甲田先生から知りたい事を全部聞いて一覧表に書いてありました。
1924年(大正13年)8月1日生まれ
出生地 大阪府中河内群若江村北
1937年(昭和12年)若江小学校卒業
1944年(昭和19年)八尾中学校卒業(2年間休学)
1944年(昭和19年)陸軍士官学校入校
1945年(昭和20年)終戦により復員
1945年(昭和20年)旧制大阪高等学校に2年編入(高校1年休学)
1948年(昭和23年)高等学校卒業
1954年(昭和29年)大阪大学医学部卒業(大学2年間休学)
1958年(昭和33年)八尾市緑ヶ丘で甲田医院開業
1967年(昭和42年)八尾市萱振に転院
1982年(昭和57年)八尾市桜ケ丘転院

この他に論文や著書の一覧もありました。
1983年の発行の本なので、もう絶版で、それ以後の事はないです。


原子力発電と光の害 [驚いた]


今日は、いいお天気だったので、
ワスレナグサのフラワーエッセンスを作りました。
水に太古の水の原液を入れてみたのですが、
手で瓶を触ってみると、お花のエネルギーを強く感じられるようです。

木内鶴彦先生の本に書いてあったのですが、 
原子力発電所というのは、一回スイッチを入れると簡単に切ったり付けたりできないし、調節もできないので、すっと使い続けることになります。夜も昼間ほど明るくして24時間営業をしてくれると、原子力発電向きなのです。夜が明る過ぎて、星も見えなくなるのですが、緑の植物も、昼間は光合成をしたら、夜は呼吸をして、養分を蓄え休んだ方が自然で元気になるのです。夜も工場が動いているようなところの、近くの植物は疲れ果ててしまってげんきがなくなるのです。光の害です。これは、命より金を優先させてきた結果です。火力発電所は、石油や天然ガスを燃やしてその熱でお湯を沸かし蒸気の力でタービンを回し発電、原子力発電もタービンを回して発電しますが、原子力発電は生産量をコントロールすることができないのです。原子力は、一度動かすと核融合エネルギーを使うので、状況によってコントロールすることができないのです。原子力発電では、電気があまり要らない夜でも、同量の発電し続けるのです。電気は蓄えておくことができないで、そこで、電力会社の深夜の電気量拡大策略が、都市や観光地のライトアップキャンペーンです。
歴史的建造物、橋、タワーは電気の光に飾られて、夜の闇は消えて、星空はかすんで見えなくなってしまって、植物は死滅しそうになっています。
観光地はライトアップで人を集め、ネオンで製品を宣伝し、24時間のコンビニで買い物をいつでもして、いつでも簡単に食べれるように、少しでも多くのお金を使わせようとしているからです。

夜は早く寝て、朝は日の出前から起きて、裸療法をしたり、健康体操をして、勉強する等すると、大変有意義な1日の始まりを迎えられます。朝2時間の勉強は、夜の5時間に匹敵するといわれているので、効率が違います。「暁」という字はさとるという意味もあって、朝は神聖な時間で、夜は欲望の時間です。素晴らしい人生を過ごそうと思えば、夜早く寝て、朝は早く起きるのがいいのです。みんながそうすると原子力発電も使いにくい社会になりますね。


スイスの方からメールが来ました [驚いた]

スイスの人から、英語でメールがきました。
スイスは、フランス語とドイツ語とイタリア語でしたね。英語が母国語でないので、
短い文章でたすかりました。
インターネットのテレビのスプリームマスターテレビジョンを見た方からなのですが、
私の食事療法を書いた英語の本かホームページを教えてほしいということでした。
翻訳はパソコンでやってもらって、意味はわかるんだけど、英文を作るのが難しいので
患者さんに作ってもらいました。その日に、来て下さったので、ありがたかったです。
英語のホームページは作ったらいいとは思っているけど、
作ったとして、問い合わせがいっぱい来たらどうしようかと悩むところです。
でも、英語が得意な患者さんがやってくれそうです。

この間、小脳脊髄変性症の患者さんが、大阪と神戸のマラソンを完走した賞状とメダルを
持ってきて、見せてくださいました。
フラフラしているのに、42.195kmも走るなんて偉いですね。
さすが男の子です。参加するのも抽選で30倍くらいだったのに2つともあたってビックリしたそうです。
6時間とか5時間かかったけど、まっすぐ走れる人でも完走できない人がいるのにすごいことですね。

本の精霊? [驚いた]

「太古の水」を作った木内鶴彦さんの『生き方は星空が教えてくれる』という本を昨日読んでいたら、
灰色のタピオカみたいな2mmくらいの粒々が5個くらい本の周りを動いていたので、
これは面白いなあと思いました。
この本の内容も面白かったですよ。臨死体験の時に見てきた事、太古の水のこと、太陽光炭素化炉システムのことも書いてありました。
地球の水は、お月さまから来て、お月さまは彗星で、側に来るまでの地球人は地底で生活していたとか。
ノアの方舟のような大洪水はほんとにあって月からの水が降ってきた時のことだとか・・・

私のブログの総閲覧者数が40万人を超えました。
読んでくださってありがとうございます。

森鍼灸院に住んでいる?龍くん、写真デビュー [驚いた]

先日より、話題にしている丹生都比売神社の写真を患者さんが、
携帯の待ち受けにしようと、L版の写真をカメラで撮影しました。
カウンターの上に置いてです。
見てみると、写真の中に金色の線が横長に現れていました。
それをまた、三宅君に送ってきて、私がみることになりました。
携帯と写真の間に入れるくらいの小さい龍です、ミミズくらいかな。
実は、うちには、龍を感じたという患者さんがいらっしゃって、龍のようなエネルギーの流れを
感じると驚いていたのです。
この間から、水晶の玉がきたりして、龍のお気に入りもあったし、
金曜日には、秋元龍先生が来られて、お祈りしていってくださったりと、

龍が現れても不思議でない環境になっていたのかもしれません。
秋元先生は、以前に私のことを自動書記みんたいなことで占ってくださった先生です。
お話をしていて、面白かったです。タイガーウッズと石川遼君は守護霊様が10万くらいいるとか、
なでしこの皆さんは、3000くらいいて、優勝してから、金色のリボンや紙吹雪のときに
1万に増えたのでオリンピックに行けるとおっしゃっていました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。