So-net無料ブログ作成
検索選択

断食合宿 伊勢神宮 [面白い]

昨日は、伊勢神宮に行ってきました。断食合宿4日目、断食1日前の3分粥食の皆さんと。伊勢神宮は、すごい人でした。
内宮の正宮のところで並んでいる時から、額が温かくなって、終わってもずっと額の中央が温かいので、何かあったかいシールでも額に貼ってあるのかなって思って、だれにも貼られた覚えはないけど、何か額に貼ってない?って聞いても誰にも見えないみたいでした。見えないぽかぽかのアマテラスシール(^○^)
帰ってから、宇宙語の先生に宇宙語を話していただいたり、出生星を探したり、満月のはずの夜だったので、月は見えなかったけど、ツキを呼ぶ開運法をみんなでしたら、見えないボアボアボールが下りてきて、みんなんで触って楽しみました。明けの歌も3回ぐらい、出発、伊勢神宮内、帰ってから歌っていただいて素晴らしい記念すべき日になりました。

映画の上映会『何のために』 鎌倉 [お知らせ]

【ドキュメンタリー映画『何のために』上映会&
鈴木七沖監督 + 森美智代院長による ダイアログ in 鎌倉 】

初夏の古都・鎌倉で繰り広げられるこの日限りの “リアルな場” にぜひお越しください。

『何のために』への想い by 鈴木七沖監督 … 映画公式サイトより
この世界は、一つひとつがわたしたちの「思い」によって創られています。あなたが着ている服も、今あなたの目に映っている物も、すべて誰かの思いがあったからこそ誕生しました。ならば、わたしたちの「思い」が変われば、世界も変わっていくのではないでしょうか……。

何か行動を起こすとき、「何のために、それを行うのか?」という問いをほんの少しでも考えてもらいたい。そんな願いを込めてこの作品を制作しました。

映画の中に、明確な答えは出てきません。
ですが、自分の人生を精一杯生きている人たちの姿を見ることで「自分は何のために生きるのか?」を考えていただくきっかけとなればという思いを込めています。

一人ひとりの力は小さくとも、それぞれが思いをしっかり持って行動すれば、この世界は変えていくことができると思うのです。そしてそれは、この瞬間から意識するだけで変えていくことができると信じています。

この映画の上映会をとおして、たくさんの方が思いをシェアし合いながら、より素晴らし未来を創ってくださることを祈っています。


鈴木七沖監督の2015.4.2.付 Facebookより
【自分を深めていくための対話(ダイアログ)】

「静かな時間」を味方につけながらココロと向き合えば、この世界にはいろいろな兆しがあふれていることに気づきます。一人ひとりに必要な情報や現象にも、その気になれば誰もが等しく出逢えるでしょうね。今年のテーマが「行動」なので、本づくりというレギュラーワークや自分が主催するイベント以外に、お声をかけていただいて出向く……いわばアウェーチャレンジのようなものを、できる限りお引き受けすることにしています。

「本」という素材で自分の内面を深め、「表現」という行為で自己確認する……そうやってこの世界は多様性の色を強め、「みんなちがって、みんないい」世界へと変貌していくと僕は思っています。そのためのレッスン。感触を味わうためのエクササイズ。そんな心もちで。

日時: 2015年6月14日 日曜日 
開場 午前11時30分 上映開始 午後12時00分、
上映後 鈴木七沖監督 & 森美智代院長 ダイアログ 

会場: 学校法人 鎌倉女子大学 二階堂学舎
http://www.kamakura-u.ac.jp/houjin/sisetsu/nikaidou.html

参加費: 前売り 2500円 当日 3000円

主催: 森鍼灸院上映会事務局  お問合せ: 事務局 mm.jimukyoku@gmail.com

お申込はこちらから: http://kokucheese.com/event/index/282674/
2015.4.12.より受付開始します

せっかくなので、歴史ある古都鎌倉の文化芸術にふれるための鎌倉観光情報 http://www.kamakura-info.jp


《鈴木七沖監督 プロフィール》
1964年 愛知県名古屋市千種区にて生まれる
1983年 日本大学第三高等学校卒業
1988年 日本大学・文化服装学院 卒業
1989年 伊藤カッティングアカデミー卒業
1989年 ファッションデザイナーのアトリエにパタンナーとして就職
1991年 アパレルメーカーへの転職
1992年 フリーランス コピーライター等
1997年 サンマーク出版 入社
1999年 書籍編集部へ移動
2000年 初めて書籍を編集する『お天道さま、ありがとう』東城百合子著
2002年 『自殺って言えなかった』編集
2003年 『「原因」と「結果」の法則』編集
2004年 絵本『いのちのまつり』編集
2007年 イベント「生命の輝き発見セミナー」初開催
2009年 東京国際フォーラム「生き方見本市」開催
2011年 村上和雄ドキュメント『SWITCH』紀伊国屋ホール完成プレミアム
2013年 N.Y.C インディペンデント映画祭に参加

これまでの担当書籍は113冊、実売部数は320万部を突破。
映像作品の自主上映は全国で300回を超え、観客数は約6万人を動員にのぼる。
現在、書籍の編集、各種イベント開催、映像作品の上映会、講演会など、
様々な形で『世界を変える種まき』を実行中。
《森美智代院長 プロフィール》 1962年、東京生まれ。短大卒業後、養護教諭として小学校勤務をしていた1984年に難病の脊髄小脳変性症を罹患。 以来、西式・甲田療法に専念し、難病を克服する。その後、鍼灸師の資格を取得し、大阪府八尾市で鍼 灸院を開業。現在、森鍼灸院院長。甲田光雄医師の著書でたびたび紹介されている「仙人2号」のMさんとしても知られる。本格的な断食・生菜食療法を実施してからすでに28年、一日青汁1杯のみの生活になってからは 18年を超えている。鍼灸治療のほか、講演などで活躍中。著書に『「食べること、やめました」』『「ありがとうを 言う」と超健康になる』『食べない人たち 「( 不食)が人を健康にする」』(共著)(マキノ出版)、『「食べない」生き方』(サンマーク出版)がある。2015年4月に名張市に断食リトリート“あわあわ”を開設。

ぷらーなくらぶ講演会 など [お知らせ]

http://kokucheese.com/s/event/index/256261/
4月12日(日)横浜で、はせくらみゆきさんと、秋山佳胤先生と私の講演会を開催いたします。奇跡的に50倍の確率で会場があたり、奇跡的に超多忙な人が集まれました。(^○^)



♪森美智代院長による西式甲田健康法の実践会♪
■日時 2015年3月29日(日) 9時30分~16時
■場所 プリズムホール(和室) 大阪府八尾市光町
■参加費 2000円
■定員 50名
■主催 森鍼灸院
■持ってくるもの 脚絆(販売もしています。2594円)
今回は、和室が取れたので、40分合掌行の他に、足を伸ばしたり、寝てできる療法をしたいと思います。最後に宇宙語の練習もします。
9時30分~受付 山田真吾先生(西式1級司教)
10:00~11:00 西式健康法の脚絆療法。足の血液循環を改善します。静脈瘤、痔、むくみ、疲労などに効果があります。脚絆を持っている方は持参して、持っていない方は購入できます。
11:00~12:30 40分合掌行 森美智代
【40分合掌行】
☆ 40分合掌行は掌から出る氣・パワーを強化し
癒しの手をつくると言われています。
掌を40分間一定の高さに挙げた状態で行います。
みんなで、仲間と一緒にやれば、
きっと楽しく嬉しく温かく達成できます。
自分を癒し、大切な周りの人をも癒せる、
そんな新しい自分の誕生♪ ぴよぴよです♪
40分合掌行 ぴよぴよ
☆ 当日は動きやすい服装でお越しください。
☆ ミネラルウォーターなどの水分補給をご用意ください。
<森美智代(もり・みちよ)院長 プロフィール>
1962年、東京都生まれ。短大卒業後、養護教諭として大阪府で勤務中に難病の小脳脊髄変性症を発病。以来、西式甲田療法を実践し、5年かけてみごとに難病を克服。その後、鍼灸学校に入り、鍼灸師の免許を取得。現在、大阪府八尾市に「森鍼灸院」を開業。1日に約50kcalの食事(青汁150ccと少量のサプリメント)だけの生活を18年以上続けている。著書に『食べること、やめました』、町田宗鳳氏との共著に『「ありがとうを言う」と超健康になる』(共にマキノ出版刊)、『「食べない」生き方』(サンマーク出版)。
映画『不食の時代』(白鳥哲監督)やドキュメンタリー映画『「食べること」で見えてくるもの』(サンマーク出版配給)に出演して話題となる。
12:30~13:30 休憩
13:30~14:30 リフレクソロジー 真杉先生
14:30~15:00 宇宙語 もりたい先生
「40分合掌行ぴよぴよ」のイベントページのURLは下記になります。
http://kokucheese.com/event/index/261858/



埋炭 [嬉しかったこと]

埋炭は、マンション暮らしの時、知り合いの歯科医さんがしていたので、いいなと思っていました。「断食リトリートあわあわ」すると思ってからやってみようと思っていました。どんな炭でやろうかと思っていたら、患者さんがトータルヘルスデザインさんがいいよと教えてくださったので、お願いしました。
炭を注文してから、おまけでイヤシロチのDVDをトータルヘルスデザインさんがくださって、在りし日の船井幸雄先生がインタビューに出て、懐かしかったです。船井先生はイヤシロチの本も出されて、有名ですもんね。トータルヘルスデザインさんとも交友関係あったんだ・・と思って、もしかして・・・と震災の前の年の12月の船井塾の講師になったときの名刺交換したのを見てみると、ありました、トータルヘルスデザインさんの専務取締役さんの名刺が!震災の前の12月に、船井先生が来年は大きな地震があって福島の原発が危ないっておっしゃって、本当になってびっくりしたのですが、その時の船井塾に・・・NYの小林先生が、あわあわには3つの光が降りてきて、甲田先生と船井先生と山田先生の御霊っておっしゃって、度々、出てきてくださいますね、お名前が。偶然がいっぱい。ミラクルです。
埋め炭をするために10人くらいの人が集まってくださいました。5人くらいは、私の鍼灸の勉強会に来ている弟子です。穴掘りのあと勉強会するからって(^^♪、
それから、10時からなので、おひるごはんを作るとか、掃除にお母さんが横浜から来てくれました。土曜日か金曜日くらいから家で、横浜の田邊さんと一緒に野菜の重ねにを作ってきてくれました。サトケンさんの料理講習を受けていたので、それがやっと日の目をみることに、習っておいて良かったね。玄米は江戸時代から秋田地方でされていた「玄米びっくり炊き」を竃でやってみました。料理担当の人が天才なのか、初めてやったのにすごくおいしく炊けたそうで、おにぎりにして、みなさん美味しいを連発していました。穴掘りの後食べる、竈のびっくり炊きの玄米のおにぎりは田舎暮しの雰囲気とともに絶品であったらしいです。野菜の重ね煮の入った味噌汁も、出汁が入ってないのにとても甘くておいしいと言っていました。庭の土は、表面は石があったり、粘土質だったりで、苦労してましたが、下の層が砂みたいに柔らかく、すいすい掘れて、とても早くできました。トータルヘルスデザインさんが来られた時には、少し始まっていたので、慌てて養生したので、土地の神様に挨拶するのも忘れてたけど、普通は、火打石とかで清めて、土地の神様にご挨拶して、掘らせていただきます。ってしてからするそうです。(^^♪
終わったあと、ちょうど大祓いの祝詞を持っていた人がいるので、私が祝詞を読み終わりました。すると落ち着いた感じになりました。
 埋めた後、喉が少し痛くなって、体が熱くなって、土地さんが、痛かったのかな、もう治って元気になったのかな。って思いました。炭は触ったらジンジンして、これが埋まったらいい影響がでそうだなと感じました。地場が安定するのは3か月~3年かかるそうですが、一晩たっただけですが気持ちが良くなったと感じます。昨日の炭埋めの様子は、トータルヘルスさんの機関紙の5月号に載る予定だそうです。ヽ(^。^)ノ

増刷のお知らせ [お知らせ]

『食べない人たち』は順調に推移し、この度、重版(7刷・
5000部・累計25000部)が決定致しました。
ありがとうございます。

誕生日に [嬉しかったこと]

たくさんの方々より誕生日お祝いメッセージをいただいています。ありがとうございます。今日の空気は清々しいですね。世界中のキリスト教の方々の祈りの波動がいっぱいです。52年前に、産声を上げたときも、この波動を一番最初に吸ったかと思うと嬉しいな。誕生日といっても、ただ生きているだけなので、私を生かしてくれた皆さん、全てのものこそ賞賛し、感謝すべきですね。地球さん、太陽さん、空気さん、たくさんの命、ご先祖様、お父さん、お母さん、先生、お友達、患者さん、みんな生かしてくださってありがとう。皆さんに感謝をこめて幸せと健康を祈ります。
NYの小林健先生からもお祝いのメールをいただいて、
森 美智代先生
この間は恩送り会でちょっとでしたが、元気で楽しそうな声を聞けてとてもうれしかったです。
来年の4月12日の先生の講演会に喜んで行かせて頂きます。
私が何をしたらいいのか、あとでお話いただけたら光栄です。
それからビッグニュ―スをお伝えします。
先生の新しい世界の窓口の基盤であるニューホームの風水光をさせていただいたときに黄金の大蛇が
キッチンから出て来ましたが、彼はまわりの土地や人々を守り、そして跡継ぎの森先生に力をお授けくださって
山に帰り、天にのぼりましたが、そのときの案内役の方が3人いました。
私のアシスタントのとしえさんにも話しましたが、甲田先生、山田勇先生、そうしてもう1人どなたか存じ上げていませんでしたが
額から美しい光を出している人でした。ついに昨晩、甲田先生と交信しているときに、その方のお名前をお聞きしましたら
船井幸雄先生だということでした。それで早速今朝写真を拝見しましたら、なるほど、額から美しい光が出ていました。
やはり3人とも大蛇神が出た後、少しでもエネルギーを育てようとしていたように思います。今思うと、森先生が何度か船井様のお名前を
私におっしゃっていたように思いますが、私はそのとき森先生とそのうりふたつの森先生との会話で忙しくて、気に留める事ができなかったのを
残念に思いますが、3人の先生の森先生に対する愛と慈悲は世界規模的な力と感じております。
また今日は、大切なお誕生日ということで心からおめでとうございます。
会うたびに森先生は若返っていますが、この間お会いした時にはピチピチの30歳の体でした。
これからも楽しく愉快に健康を維持して、多くの方々にその美しい人生の喜びを伝え続けて頂ければ幸いでございます。
 
with love, appreciate and respect Ken Kobayashi
ということで、名張のあわあわに来られると、もれなく甲田先生と山田勇先生と船井幸雄先生に出会えるそうです。(^○^)

『食べない人たち』第2弾 [お知らせ]

マキノ出版さんの社内会議で『食べない人たち』第2弾の発行が正式に 決定致したそうです。来年の夏ごろに新しい本ができる予定だそうです。
私はマキノ出版さんの本はすでに3冊『食べることやめました』『ありがとうをいうと超健康になる』(町田宗鳳先生と共著、)『食べない人たち』(秋山佳胤先生、山田鷹夫先生との共著)でているので4冊目ですね。サンマーク出版さんの『食べない生き方』もあるから5冊目です。

横浜お話会・40分合掌行ぴよぴよ [お知らせ]


”皆様からのご要望にお応えして11月16日、横浜でのお話会後に、”40分合掌行 ぴよぴよ♪” をプラスする事にしました。合掌行は自由参加としますので、希望される方は当日受付にて参加表明をお願いします。''

http://kokucheese.com/s/event/index/211541/#about

『食べない人たち』増刷6刷決定 [お知らせ]

『食べない人たち』は順調に推移し、この度、増刷(6刷・
3000部・累計20000部)が決定致しました。
ありがとうございます。

引き寄せますね [驚いた]

モンゴル旅行に行くので体調を見てもらいにと、久しぶりにおいでになった患者さんが来られて、FBでつながって、私の最近の投稿の名張の家について話題になりました。すると僕も名張に土地があるんだ。えーすごいご近所ですね。って話ていたら、「草ぼうぼうで、ほったらかしにして苦情が来ているんだけど、森さんに貸すわ。」って話になってきました。
背中の人、おなかの人の計画は、ミラクルですね。
色々な人がつながっていって、健康村、断食村になっていくのかしら。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。